Rimi Takeda : 双剣・長拳・剣術・槍術

子供の頃、TV番組で中国人の女の子が器械(武器)を使って表演しているのをみて、「これがやりたい」と思ったのがきっかけです。とうへい中国武術会では気分良く練習できますし、皆上達が早いです。肉体的・精神的に辛い日でも練習に来ると楽しくできるので頑張れます。続ける秘訣は無理をしないこと。最初は動きを憶えるまで大変かもしれませんがすぐに慣れて色々な組み合わせ動作が出来るようになると思います。

Satomi Ishi : 剣術・長拳・鷹爪拳・武術扇

身体を動かす習い事をしたいと思っていた時、ジェット・リーの映画を見て、中国武術というものがある事を知りました。すぐにこれを習いたいと思い早速見学。とうへい先生の動きがとても綺麗で感動したのと、女性も多くアットホームな雰囲気だったので入会しました。綺麗で、そしてかっこいい女性になるために続けていこうと思っています。

Hisaya Itoh : 長拳

妻が上海駐在中に、功夫を学び始め、誘われて始めました。今では趣味として習慣になってきました。定期的に運動するようになり、始めて良かったと思います。上達して、格好良く演武できるようになりたいです。鄧兵中国武術会は、和気藹々として、明るい雰囲気に満ちており、皆さんがお互いに教えあう、仲の良い会だと思います。やるとハマります。まずは始めてみる事を、お勧めします。

Naoko Itoh : 長拳・鷹爪拳

上海在住中に、中国の伝統に触れられるものをやりたくて、近くの道場に通い始めたのがきっかけです。帰国後、鄧兵中国武術会で楽しく続けています。運動としてだけでなく、メンタルコントロールにも応用できるところが、ストレスの多い仕事をする中で、大変に役立っています。初心者も気後れせず、自分のペースで練習できる会です。

Taiki Nagaoka : 長拳・通背拳

カンフー映画とテレビゲームの影響で、始めました。習っていて楽しく、また、美しい動作への憧れが、中国武術を続けてきた理由です。自分なりの目標を設定して、無理をしすぎない事、それが長続きの秘訣です。鄧兵中国武術会は、会員同士の仲が良く、イベントや親睦会も盛んです。練習も、自分のペースで出来るので、運動不足解消に、まずは軽い気持ちで体験してみては、いかがでしょう。

Natsuko Kawai : 長拳・剣術

デスクワークが多く、非常に運動不足だった為に、中国武術を始めました。 運動しているという事からくる「自信」が付き、上達したいと思う事からくる「プラス思考」が養われ、やってきて良かったと感じています。 アットホームで老師が非常に優しく、周りの皆の一生懸命な姿を見ていると、幸せな気分になれます。私も、そうでしたが、運動経験のない方も、安心して楽しめますよ!

Mikoto Saito : 棍術・長拳・九節鞭

体力をつけたくて、武術会に入りました。 明るくて楽しい会です。いちばん好きなのは、ジャンプです。

運動神経や反射神経が、とても良くなりました。 入会して、良かったです。

Azusa Hirokawa : 主に剣術

子供の頃、テレビで少林寺の武術の特集を見て、自分が男性だったらこれをやりたかった….と思ったことがあります。数年後、中国に留学した時に女子学生が剣を持って練習しているところを見て、女性が出来る武術があるのだと知りました。念願が叶い、30歳にして、中国武術に巡り会えました。もっと早く知っていたら!と思うほどです。武術がない生活には戻れません!

Yoshinobu Matsuya : 長拳・太極拳

中国武術を始めたきっかけは、武術漫画「拳児」でした。そこに出てくる武術家たちの生き様に、強く打たれました。鄧兵中国武術会はアットホームな会で、練習以外にも、懇親会やバーベキュー等のイベントが、とても充実しています。様々な才能を持った仲間がいること、練習に行けば、皆に会える楽しみが待っていること、それが、続ける秘訣となっています。

Reika Nakazawa : 長拳・剣術

小学生の頃、剣で戦うシーンのある中国武術映画を観て憧れ、習い始めました。体が鍛えられ、話題にもなり、とても楽しく、人生が豊かになります。武術大会 に出場して、賞を獲得できるくらいに、上達したいです。これから入会する方は、「やってみたい」という気持ち、それだけで十分だと思います。是非、その一 歩を踏み出して下さい。

Yu Inagaki : 長拳・刀術

もともと中国文化に興味があったところ、友人に誘われて入会しました。「運動経験は無いし、体もカタいし、私には絶対ムリ!」と思っていましたが、そんな私でもできるレベルで少しずつ教えてもらえるので、自分のペースで次のステップを目指せるところが楽しいです。始めた頃に比べると柔軟性は確実に上がり、身体の状態に敏感になりました。気持ちいい汗を流して日々のストレスが解消できるところも気に入っています。武術を始めてから、カンフー映画や京劇の見方が変わりました。会員の中には中国好きが多いので、大好きな三国志の話で盛り上がれるのもいいですね。

Yusaku Mori : 形意拳・蟷螂拳・槍術

映画の撮影で武術が必要となり、学び始めました。その後は、鄧兵老師の人柄に惹かれて、続けています。また、時代劇の舞台に参加して、侍や忍者の立ち回りを演じた事がありましたが、下半身が随分と鍛えられていたようで、稽古中に疲れる事がありませんでした。のびのびとした会で、会員には様々な世界の人がいます。武術を通して、良い繋がりが得られると思います。

Kazuhide Akimoto : 刀術・形意拳

体力が落ちてきた事を実感し始めた30代中盤、好きだったカンフー映画の事を思いだし検索して入会しました。仕事や生活と関係ない場で完全に日常を忘れられるのが気分転換になってます。また、会員同士仲良いのにベタベタした付き合いがないところが気楽です。老師は会員皆の細かい所にまで気を配って下さる繊細で優しい方なので、とても居心地のいい会だなぁと思っています。

Kanae Baba : 剣術・太極拳

社会人になって、体を動かす機会がなくなり、何か習い事を始めようと探していた時、中国武術を知りました。見学をしてみて、その美しさに驚き、すぐに始めようと決めました。実際に始めてから、その奥深さ、多様さ、難しさを知り、ますます興味を持って続けています。秘訣は、マイペースに…です。運動する習慣が出来た事で、仕事にもメリハリが付き、より頑張れるようになりました。 今、こちらを読んでいるあなたも、きっと楽しく続けられると思います。是非、見学や体験にいらしてみて下さい。

Shiho Saito : 扇・太極拳

小さい頃から中国が好きで、中国武術にはずっと興味を持っていました。今まで色んなスポーツを体験してきましたが中国武術は見た目も綺麗だし、健康的で何歳になっても続けられるのが良いと思いました。とうへい中国武術会はインターネットで調べました。体験に来て、先生のお人柄や技術の高さ、また全体の雰囲気の良さに惹かれて入会しました。みんなそれぞれの目標を持って練習をしているので自分自身の励みにもなりますし、個性的な人たちが集まっているので面白いです。毎回練習に行くのがとても楽しみです。

Rie Takano : 長拳・棍術・太極拳

専門学校の授業がきっかけで入会しました。 幼い頃から功夫映画を観て憧れていた私はまさか実際に習えなんて思っていなかったので、鄧兵先生との出会いは衝撃的な嬉しい出来事でした。 武術会内は広い年齢層で様々な方が集まって和気藹々としています。日常のストレスもここで楽しく発散する事ができ、練習もマイペースに出来る素敵な癒しの場です。

Tsutomu Kobuki : 太極拳・伝統拳

専門学校で鄧兵先生の授業がきっかけで武術会に入会しました。武術歴は10年くらいで、主に長拳や剣、太極拳をやっています。武術会に入って良かったと思うことは太りにくくすぐ疲れにくい身体になったことです。年齢や性別、運動神経のあるなしに関わらず一緒に楽しみながら武術を学べるところ良いです。楽しみながら学べ、同じ趣味の友人とも出会える武術会に、ぜひ一度遊びに来て下さい。お待ちしております。*ある専門学校の授業の1つで老師が指導しています

Mariko Kiso : 長拳・刀術

もともと歴史関係のお祭りに参加しておりましたが、衣装を着るだけではなく、かっこよく武器を扱えたらいいな!とずっと思っていました。そんな時、中国武術と出会いました。最初は、「早く槍や刀を扱えるようになりたい!」と思っていましたが、習い始めて半年ほどが経った今では、基本の套路の細かい動きひとつひとつの奥深さに惹きこまれています。

Hirotaka Nakahara : 八極拳・棍術・太極拳

始めたきっかけは、子供の頃に観たカンフー映画、それと父が習っていた少林寺拳法や、共に通った合気道教室が影響しています。社会人になると、どうしても 減ってしまう、会社以外での出会いと人脈が、ここで得た宝です。これから始める方は、生涯学習として、気負わずに、細く長く続けて下さい。

Miharu Takeuchi : 刀術・長拳・太極拳

小さい時からアクション映画が大好きで、中国武術の剣の扱い方や着物の翻り方に魅せられいつかやって見たいと思っていたのですが、幸運にも専門学校時代に老師に出会うことができ、武術の想像以上の奥深さにハマり卒業後もお世話になっています。 この武術会はその人に合わせて練習が出来るので最近運動をしていなかったという人でも無理なく続けられると思います。 イベント事も沢山あってとてもアットホームな会ですよ!

Naoki Uraguchi : 双刀・刀術・南拳

30年前ブルースリーの映画に熱狂し、ジャッキー・チェンに心打たれずっと憧れてきた中国武術でしたが、なかなか機会に恵まれずやっと40歳を過ぎた頃にとうへい中国武術会とめぐり会って始めることができました。ストレス発散も出来るし、日々の生活のアクセントになります。これほど奥が深く飽きない運動はありません。

© 2014 by Deng Bing Wushu Academy.

"D" MARK Design : Jun Kurata / Dragon Design : Natsuko Kawai / Site/Movie/Sound Edit : Kitune Akimoto